鈴鹿のまち、鈴鹿のF1を思いっきり楽しもう! 鈴鹿モータースポーツ友の会「F1日本GP観戦会」参加者募集のご案内

お申し込み受付は終了いたしました
F1イメージ写真

モータースポーツを通して、安心・安全なまちづくりとモータースポーツの文化的価値の定着を推進するNPO法人「鈴鹿モータースポーツ友の会」では、10月9日に鈴鹿サーキットで開催される「F1日本グランプリ」の観戦会を開催いたします。

元全日本チャンピオンでスーパーGT/テレビ解説者でもある「福山英朗さん(同会の副理事長でもあります)」にツアーリーダーを務めて頂き、同会の会員同士で一泊二日の日程で観戦・会食・宿泊を行うものですが、「地元とのふれあい」を主眼に、レースだけではなく鈴鹿のまちを存分に楽しんでいただくユニークな内容となっています。ぜひご参加ください。

※会員限定ですが、観戦会参加を機にご入会いただけます。

観戦会の概要

名称 鈴鹿モータースポーツ友の会「F1日本GP観戦会」
開催日 2016年10月8日(土)・9日(日)の一泊二日
参加資格 NPO法人「鈴鹿モータースポーツ友の会」会員
※今回の観戦会参加を機にご入会も可能です。
参加定員 30名
参加料金 39,800円(税込) ※「鈴鹿モータースポーツ友の会」非会員は、入会金・年会費として別途3.000円が必要です。
料金に含まれるもの
  • 観戦指定席券(C席)
  • 夕食(宴会)・朝食(パンと飲み物のご提供)
  • 温泉使用料
  • 宿泊・寝袋貸与
  • 送迎バス(予選日)
  • 保険料 ※一般国内旅行保険が付帯されています。
申し込み締切日 2016年9月10日(土)まで。
※ただし定員になり次第締め切らせていただきます。
お申し込み方法

下記のフォームへ必要事項を記入し、お申し込みください。
複数人でお申し込みの場合は、内容の欄に、全員のご本人様情報(会員・非会員、氏名、ふりがな、郵便番号、住所、電話番号、Eメールアドレス)をご記入ください。

上記が確認でき次第、お支払い方法、諸連絡事項などを返信させて頂きます。
お支払いが完了して受付とさせていただきます。また、定員になり次第、締め切らせて頂きます。

お問い合わせのみの場合は、備考欄に「お問い合わせ内容」を入力してお送り下さい。
キャンセルについて 8月31日(水)までにキャンセルの場合は半額返金、それ以降については返金されません。
※ご友人など、第三者(要・会員または入会)への権利委譲のご相談は承ります。
主催 NPO法人 鈴鹿モータースポーツ友の会
協力 鈴鹿市、株式会社モビリティランド 鈴鹿サーキット、伊奈富神社、海の幸 魚長、鈴鹿市民の皆さん
旅行企画 株式会社ジェイワントラベル

スケジュール(予定)

【注意事項】 ※観戦会行程の内容には準じて頂きます。 ※別宿泊や、食事の別行動などはできません。
10月8日(土)公式予選日
  1. 集合
    朝9:00「近鉄名古屋線 白子駅」近くの指定集合場所に集合。
    ※福山さんとスタッフがお迎えに参ります。
    ※クルマでおいでの方には、近くに無料駐車場をご用意します。(8:30までに集合。8日(土)朝は、駐車場までバスがお迎えに行き、集合場所へ移動します。)
  2. 観戦
    専用送迎バスにてサーキットに移動し、終日予選/サポートイベントなどを観戦。
    ※第2コーナー立ち上がりのC席エリアで鈴鹿市の市民の皆さんとご一緒に観戦します。
    ※福山さんもご一緒して頂きます。
    ※鈴鹿市民応援イベント(ビッグフラッグなど)へのご参加もお願いします。
  3. 入浴・夕食
    終了後、宿舎に移動。宿舎は、サーキットから徒歩にて移動、直線距離1kmにある伊奈富神社のご協力により、同神社社務所大広間を使用させて頂きます。
    宿舎関連案内はこちら

    専用送迎バスにて、市内温泉施設へ移動・入浴。入浴後、専用送迎バスにて市内有数の和食料亭(海の幸 魚長)で宴会。
    魚長ホームページはこちら
  4. 宿泊
    夕食後、専用送迎バスにて宿舎へ。
    ※寝袋貸与での、大広間での宿泊となりますが、こちらでも福山さんがご一緒します。
10月9日(日)決勝日 F1イメージ写真
  1. 朝食
    宿舎にて朝食(※パンと飲み物が提供されます)。
  2. 観戦
    徒歩にて鈴鹿サーキットに移動し、予選日と同じ形態で終日レース観戦。
  3. 解散
    現地にて自由解散(※解散後は、駐車場への移動も含め、各自公共交通機関を使ってお帰り頂きます)。

レース中止についての返金対応

天候や政治異変などの理由により、
  1. 1週間前までに中止が決定された場合、観戦チケット料金を除く他の費用の半分を返還。
  2. 前日までに中止が決定された場合、観戦チケット料金を除く他の費用の1/3を返還。
  3. 土曜日の予選が行われ、決勝のみ中止となった場合、返還はありません。

上記、(1)~(2)に加え、観戦チケット料金の返還については、鈴鹿サーキットの規定に準じます。

NPO法人 鈴鹿モータースポーツ友の会について

2004年に鈴鹿市が行った「モータースポーツ都市宣言」を機に、鈴鹿市の産・学・官の有志が集まり結成された団体(当初は「鈴鹿モータースポーツ市民の会」と呼称)「モータースポーツを一緒に楽しむ」や「モータースポーツができる社会貢献」などをスローガンに、モータースポーツが広く親しまれ、市民文化として迎え入れられるための活動をする団体です。

理事長:川岸光男(前 鈴鹿市長)

実績○モータースポーツから学ぶ交通安全冊子発行
○走って身に着く交通安全。鈴鹿サーキット市民走行会開催。
○鈴鹿市内小学校、講演巡回。
○その他、鈴鹿サーキットや鈴鹿市と同調してのモータースポーツ普及活動、など。
お申し込み受付は終了いたしました