レポート
  1. ホーム
  2. レポート
  3. 「Powered by SUZUKA 鈴鹿8耐キックオフセレモニー」を開催しました

「Powered by SUZUKA 鈴鹿8耐キックオフセレモニー」を開催しました

2011.7.27

7月26日(火)、鈴鹿市役所1階市民ロビーで「Powered by SUZUKA 鈴鹿8耐キックオフセレモニー」を開催しました(主催:鈴鹿市、鈴鹿モータースポーツ友の会)。

 

第一部は、週末に鈴鹿サーキットで開催される鈴鹿8時間耐久ロードレースに参戦する

地元チームの代表・選手などのご出席、そしてマシンを展示いただき、壮行会を実施しました。

【参加チーム】

 F.C,C, TSR Honda

  Honda鈴鹿レーシングチーム

 アローツリー・ブリージング&オーテックスズカレーシング

 クラウン警備保障RACING

 鈴鹿コミュニティーレーシングチーム

 

末松則子 鈴鹿市長のご挨拶

 

神谷誠二郎 鈴鹿モータースポーツ友の会理事長のご挨拶

 

 株式会社モビリティランド取締役 樽井良司様のご挨拶

 

「バイクであいたいパレード」実行委員長 中村祐介様のご挨拶

 

続いて各チームの8耐に向けての抱負を語っていただきました。

 

F.C.C. TSR Honda 代表 藤井正和様

 

Honda鈴鹿レーシングチーム 徳留和樹選手(右) 安田毅史選手

 

アローツリー・ブリージング&オーテックスズカレーシング 代表兼選手 大内田実様

 

クラウン警備保障RACING 代表兼選手 北口浩二様

 

鈴鹿コミュニティーレーシングチーム 監督 福田康志様

 

各チームには、鈴鹿で生産された茶葉でつくられた「鈴鹿のお茶」と

各チームの昨年大会での走行写真が使用された「鈴鹿8耐オリジナルフレーム切手」が

末松市長から贈呈されました。

多くのファンらでにぎわった鈴鹿市役所1階市民ロビー

 

第二部は、世界GP参戦経験もあるトップライダー徳留真紀選手(鈴鹿市在住)を

講師に迎え、小学生を対象とした「子どもモータースポーツ教室」を実施しました。

ふつうのバイクとレース用バイクのちがいは? 8耐バイクの最高速は?

鈴鹿サーキット一周の距離は? などなど興味深いお話に参加した

子どもたちは熱心に聞き入っていました。

おさらいとしてクイズ大会も実施、元気よく手を上げるこどもたちの

声が響きました。

最後にホンモノの8耐マシン搭乗体験も実施、夏休みの一日をモータースポーツに

親しんでもらうことができました。

 

みんな、次はサーキットで会おうね!

 

なお、当日のもようは「鈴鹿なう!」でUSTREAM中継されました。

下記にてアーカイブをご覧いただけます。

http://suzuka.com/now/


  • 伊勢鉄道
  • すずかし観光ガイド 鈴鹿市観光協会ホームページ
  • 鈴鹿F1日本グランプリ地域活性化協議会